ビージーツアーズ ニュースブログに戻る

グアムでシュノーケリングとダイビングをすべき理由5選

Beach Bar

Two boys in water with snorkels and swim-masks

シュノーケリングは、どの年齢層の方でも楽しめるマリンアクティビティです。

 

 

グアムにはシュノーケルやスキューバダイビングを、気軽に楽しめるスポットが多数あります。年代を問わずに楽しめるシュノーケリングやダイビング。グアムの沖合いでは、野生のマンタやウミガメ、色鮮やかなトロピカルフィッシュを始めとする、様々な海の生物と遭遇することができます。

 

グアムはアメリカの準州で、小さな島でありながらマリンアクティビティの設備が充実しています。常夏ならではののんびりとした雰囲気が魅力で、ブルーのグラデーションが美しい海は、ダイビングスポットとしても人気があります。世界中から訪れるダイバーたちが有意義に過ごせるよう、初心者はもちろん、インストラクター資格取得まで、あらゆるレベルに対応したダイビングショップがあります。

 

グアムでのダイビングは、2月~4月頃がベストシーズン。この時期は乾季で雨が少なく、1年で1番海の水が澄んでいる時期なのです。

 

まずスキューバダイビングとシュノーケリングの違いは何でしょう? SCUBA(スキューバ)とは、Self Contained Underwater Breathing Apparatusの略で「深く潜り込んで長く過ごす」ことを意味しています。酸素ボンベとウェットスーツ、フィンを着用し、長時間海中に潜ります。海の世界をゆっくりと冒険したい方におすすめです。ちなみにグアムのサンゴ礁は水深20フィート(約6メートル)未満がほとんどで、経験豊富なダイバーでも楽しむことができます。

 

ローカルはもちろん、旅行者が多く利用するタモンビーチは絶好のシュノーケリングスポット。2.4kmほど続くタモン湾は、60~120cmの浅瀬で穏やかなラグーンが広がっています。同ビーチでは、サンゴ礁を境に水深が深くなるので、ダイビングも楽しめます。タモン湾は旅行者にとって、グアムで最もアクセスの良いシュノーケル&ダイビングスポットです。

 

次にご紹介するのは、タモン湾から北方面に1.6km進んだ場所にある、静かな入り江Gun Beach(ガンビーチ)。グアムの海の中でも透明度が高いことで知られる同ビーチは、シュノーケリングのメッカとしても人気があります。サンゴ礁が敷き詰められた浅瀬の海が広がり、引き潮の際はビーチシューズを履いてビーチウォークも楽しめます。ビーチから歩いてダイビングができる場所としても有名で、船酔いしやすい方や初めてのダイビングで海上から潜ることに抵抗がある方におすすめです。同ビーチには、多様な海の世界を見ることができる、オープンウォーターへの水路があります。

 

ガンビーチにはシャワーなどの設備はありませんが、オーシャンフロントに建つ「The Beach レストラン&バー」があります。ランチ、ディナー、バーとして、1日を通して楽しめるレストランで、ビーチバレーやテラス席など、海水浴をしながら過ごすことができます。The Beachは、グアムでは珍しい水着での来店が可能なレストランなので、グアムの開放感を思う存分満喫することができます。また1日の内、一番賑わうのがサンセットの時間帯。The Beachのマーロンシェフが考案する、ハンバーガーメニューやチャモロ料理を、美しい夕日と共に堪能できます。(お腹がすくダイビング後の食事は格別です!)

 

ここで一つ注意点があります!The Beachレストラン&バーは、旅行者はもちろん地元のローカルにも人気のお店です。ディナーの時間帯は特に満席になることが多いので、事前にご予約しておくことをおすすめします。グループやカップル利用の方におすすめの、ソファ席もあります。The Beachの素晴らしさを一度体験すると、また必ず足を運びたくなるはず!グアム滞在中、何度もこられるよう数日分ご予約することをおすすめします。

 

グアムでもう一つのおすすめのダイビングスポットである、Gab Gabビーチ。しかし同スポットは、アメリカ海軍基地へのパスを持っている方しか立ち入ることができません。とても穏かなビーチなので、シュノーケリングやスキンダイビングに最適です。

 

そしてシュノーケリング経験が豊富な方は、島の最北端にあるリティディアンビーチにトライしてみてはいかがでしょう。同ビーチはジャングルと石灰岩の崖に囲まれた、野生生物保護区です。潮の流れが早く、初心者の方にはおすすめできませんが、グアムで一番美しいビーチとして人気があります。

※同ビーチは基本遊泳禁止です。ライフガードもいないので、無理はせず自己責任で楽しみましょう。

 

スキューバダイビングは、さらに沖合いの深いバリアリーフで行ないます。ボートで10~20分ほど沖に出たところで行なうのが一般的です。グアムには初心者からベテランダイバーまで、多くの方がダイビングを楽しんでおり、沢山の企業がその方のレベルに合ったレッスンを提供しています。自身の経験やレベルなどを、インストラクターに伝え、どのコースが適しているか相談すると良いでしょう。

 

さらに詳細が知りたい方は、地元のローカルフォトグラファー&ダイバーである、Tim Rock(ティムロック氏)が執筆した、『Diving & Snorkeling Guide to Guam and the Northern Mariana Islands(グアム&北マリアナ諸島へのダイビング&シュノーケリングガイド)』という、素晴らしい本をご覧ください。Amazonで購入可能なので、興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

グアムで楽しく安全なダイビングを!